header.jpg

top-01-img.giftop-02-img.giftop-03-img.giftop-04-img.giftop-09-img.giftop-05-img.giftop-07-img.gif

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

種類別
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

 

生食用=あたらしい、加熱用=ふるい

これは全く違った知識です!

 

●生食用牡蠣と加熱用牡蠣の違い

  牡蠣は、「生食用」と「加熱用」にわけて販売されています。

 みなさんは、生食用は鮮度がよくて、加熱用は鮮度が劣るという違いだと思われているようですが 、鮮度の違いではなく細菌数の違いなのです。

 牡蠣は大量の海水を取り込み、水中のプランクトンをエサにしています。養殖海域によって細菌類を蓄積することがあります。牡蠣は「生」で食べる習慣があることから、「生食用」は食品衛生法で生食用に出荷してもよい海域(清浄海域)で獲れた牡蠣です。

●相生の牡蠣

  相生牡蠣が養殖されている海域は、保健所が定める指定海域(清浄海域)で育てています。基準は海水100mlあたり大腸菌群確数70以下の海域となっています。

 水揚げされた牡蠣は、紫外線殺菌処理がされている海水プールに24時間以上いれて、減菌されたものを生食用で出荷します。

●野村水産の牡蠣

  相生の牡蠣は清浄海域で育てているので、紫外線殺菌処理で減菌された牡蠣は生食用で販売はできます。

  野村水産の牡蠣は、牡蠣本来の旨味を味わっていただきたく「加熱調理用」として販売させていただいております。ですから、その日水揚げされたものを、その日に出荷しております。だから新鮮です。

牡蠣を安心して食べていただくために

牡蠣と言えば、食中毒に気をつけないと、と思う方もいると思います。

 牡蠣を安心して食べていただくために、体調のすぐれない方やお年寄り、子供など抵抗力の弱い方などは、食べ過ぎにご注意ください。

 食中毒を避けるために、鍋やフライなど加熱調理をして食べるようにしましょう。

 ノロウィルスは、85度以上で1分間以上加熱すれば、感染の危険はなくなるといわれています。

まとめると

                                殺菌処理により

牡蠣自体が弱ってしまう

牡蠣本来の味が失われる